CORPORATE

2019.10.08

下期に向けてさらなる加速を!自分を見つめ仲間を讃える全体会議

2019年9月27日、G2 Studiosの全体会議を開催しました。これまでの全体会議は、ギークスグループ全体で半期に一度開催されていましたが、今回は初めてG2 Studios単体で行うこととなりました。随所に「アソビ」が散りばめられ、G2 Studiosらしさが溢れた全体会議の様子を紹介します。

事前告知で高まる期待

全体会議の告知の第一報は、可愛い女の子のVTuber(中の人:いかつい男性社員)が行いました!開催日時や会場の詳細と合わせて、今回の全体会議のテーマが発表されました。第一報のおもしろ動画に、全体会議へのわくわくが一気に高まります。

告知第二弾として社員に届けられたのは、G2 Studios代表 桜井からのお手紙です。そこには、メンバーの日々の頑張りへの感謝とともに、今感じている課題、どういう組織でありたいか、メンバーに期待することなど1600字にのぼる想いが込められていました。

オープニングムービーで全体会議がスタート!

そして迎えた当日!開始時間になると、突如会場が暗転し映像が流れました。事前に配られた桜井からの手紙に書かれたメッセージの一部とともに、カウントダウンがはじまります。


▲オープニングムービーの一部

これから冒険が始まるようなわくわくするBGMと一緒に、メンバー一人ひとりに問いかけるメッセージが流れます。「それぞれが持っている、ここにいる意味や目的を改めて考え、これから始まる全体会議に臨んでほしい」という、全体会議運営メンバーの想いが詰まった映像でした。

上期振り返りと下期の目標を発表

まず最初に各チームのリーダーから、上期の取り組みと、下期に向けて何を加速させたいか、それぞれのチーム目標を「〇〇 X Drive」という形で発表しました。

他チームの状況や動きを理解することで、組織としての一体感が生まれる時間となりました。

2020年度 新規学卒者 内定式

続いて行われたのは、来年4月に新たなメンバーとして加わる19名の内定式。一人ずつ名前を読み上げて紹介し、社員全員で歓迎します。

ギークスグループ代表 曽根原から内定者へ内定証書が手渡された後、激励の言葉が贈られました。

内定者の代表挨拶では、ゲーム業界を目指した理由やG2 Studiosのメンバーになる上での決意を語ってくれました。緊張を見せながらも真っすぐ前を見据え未来を語る姿は、社員にとってもいい刺激となりました。来年の春、一緒に働けることを社員一同楽しみにしています。

新卒アプリ開発研修の成果発表

今度は内定者の1年先輩である2019年度に入社した新卒メンバーがステージにあがります。新卒メンバーは入社後、約4ヵ月かけてゲームアプリの開発研修に励んできました。

今年の研修課題は「スマホの1機能を取り入れたゲームをリリースせよ」。新卒メンバー12名が2チームに分かれ、企画から作り上げたゲーム2本を社員の前でお披露目しました。そして成果発表後に、新卒12名の配属先が発表されました。開発研修での学びを活かして、新しいチームでの活躍を期待しています!

活躍した社員を讃える表彰式

Buddy賞

Buddy賞は、「挑戦」「楽しむ」「感動」「成長」のギークスサイクルを体現し、10の心得を実践しているメンバーに贈られる賞です。(ギークスサイクル・10の心得の詳細はこちら

誰が受賞するのか全社員がドキドキしながら見守る中、それぞれの特徴を捉えたキャッチコピーとともに受賞者が発表されました。受賞者には、賞状と盾と賞品が贈られました。

受賞者の活躍を近くで見てきたメンバーからのお祝いコメントムービーが流れます。受賞者のコメントでは、一緒に頑張ってくれたチームメンバーへの感謝の言葉や、大切にしていること、今後の意気込みなどの様々な想いが語られました。大きな拍手を贈り、頑張りをみんなで讃えました。

2つのオリジナル賞

今回の全体会議では、Buddy賞だけではなくG2 Studiosオリジナルの賞として「特別賞」と「ベストマネジメント賞」が新設されました。

特別賞とは、技術向上・貢献が著しかった人や成長率が高かった人に贈られる賞で、10名のメンバーが表彰されました。

そしてベストマネジメント賞は、攻守に渡り、広く客観的な視点を持ってチームを推進したマネージャーに贈られました。

最後に、G2 Studios代表桜井のコメントで全体会議の第一部が締めくくられます。

「ゲーム業界の暗いニュースを目にすることも増えましたが、こういう時こそチャンスであり攻める姿勢が大事だと思っています。今回の全体会議のテーマ『X Drive』の通り、一つでいいので加速させたい何かを自分で選択し、意識して行動してみてください。自分の選択で納得感のある働き方を続けることが成長につながります。パフォーマンスを上げて、活躍したメンバーがいたら讃え合い、よいゲームづくりに繋げていってほしいです。その想いがあるみんなとなら、これからを生き抜いていくための強い組織を創っていけると思います。」

遊ぶも全力!の第二部

会場を移動して開催された第二部では、食事を楽しみながら交流しました。ビンゴ大会のほか、ビリヤード・ダーツ・シミュレーションゴルフなどで、思いっきり楽しみました!


▲全体会議の運営メンバー

メンバー全員で前期の取り組みを振り返り、結束力を高められた貴重な時間となりました。初めてのG2 Studios単独開催ということで社員の期待も高い中、G2 Studiosらしい素敵な全体会議を作りあげてくれた運営メンバーのみなさん、お疲れ様でした!

個人として・チームとして・組織として、やるべきことややりたいことを各々が考えて行動し、G2 Studiosはさらに加速し、前進していきます!